榎本メソッド小説講座

【才能がない・時間もない】フツーの社会人だけど小説家になれますか?

小さな頃からずっと小説が好きで、自分でも書きたいのになかなか最後まで書けなくて……と、悩む小説家志望者のK子さん。小説家になりたいけれど自分には才能がないのではとモヤモヤした日々を過ごしているそう。

そこで今回はAmazonランキング第1位を獲得した「物語を作る人のための 世界観設定ノート」の著者、鳥居彩音さんにお悩みを聞いてもらうことにしたようです。

今回はその様子を榎本メソッド公開講座の編集部がレポートしました!

才能が無くて小説が最後まで書けない!先生!もうだめです

才能が無くて小説が最後まで書けない!先生!もうだめです

【K子さん】

小説を書いていて、できれば小説家になりたいのですが、なかなか最後まで書けません。どうしても書いている最中で迷ったり、本当におもしろい? これでいいの? と立ち止まってしまいます。

そうして悩んでいるうちに、だんだんキャラクターも魅力的に見えなくなってしまって、途中で飽きてしまうこともしょっちゅうで……

小説を書くのって、ホントに孤独な作業ですね。この段階で悩んで挫折しそうになっていて、それでプロになりたいなんて、夢のまた夢ですよね。

独学で小説家になるのってやはりむずかしいことなのでしょうか?

登場人物紹介

【質問者:K子さん】

【質問者:K子さん】

Web制作会社で会社員をしながら小説家デビューを夢見ている……が上手く書けずあきらめムード。めざすは新人賞受賞。スキマ時間をみつけてはコツコツとノートパソコンに向かう日々。

【鳥居彩音さんプロフィール】

【鳥居彩音さんプロフィール】

2009年 株式会社榎本事務所に入社以降、多くの書籍・小説の編集に携わる。2011年9月に小説家デビュー。以後、小説家としても著作を発表する。代表作に『君がいうなら嘘じゃない』(光文社キャラクター文庫)など。榎本事務所代表・榎本秋との共著「物語を作る人のための 世界観設定ノート」好評発売中!

悩んでいるのはプロ小説家も同じ!?

【鳥居さん】

最後まで書けないと悩まれている小説家志望者さんはとても多いですよ。完成度を求める人ほど最後まで書けなかったりします。皆さんそれで悩んでいるんですよね。

自分の作品を良いものにしたい、だけど、どうしたらいいのかわからない。客観的にみれない。というのはプロ小説家でも多かれ少なかれ持っている悩みです。

プロと小説家志望者の何が違うのかというと、プロ小説家には「編集者」がついているということでしょうか。

【K子さん】

なるほど、プロの小説家も私たちとおなじ人間なんですね。頼れる人の存在は偉大ですね!

小説家が書き続けられるのはある【秘密】を知っているから!?

【鳥居さん】

作品をより良いものにしたくて悩んでしまう気持ちはよくわかりますが、それでは新人賞に応募できないしスタートラインにすら立てませんよね。小説は完成させることが大切です。完成させることが自信にもつながります。

【K子さん】

はい。何よりも完成させなければ始まらない……でも今の私にはそれが一番難しくて……
最後まで書けるコツってあるんでしょうか。

【鳥居さん】

小説を完成させるにはプロットをしっかり書くことが大切です。プロットは物語の設計図なので、プロットがしっかりしていれば迷うことも少なくなります。

【K子さん】

そういえば、プロの小説家はプロットの段階で編集者に意見をもらえますよね。

【鳥居さん】

そうですね。プロットの段階で編集者に意見をもらえるからプロは迷わないというのもあるかもしれませんね。商業流通に長けたプロの見解は、道しるべになると思います。

【K子さん】

プロが書ける秘訣は「プロット」と「編集者の存在」なんですね。それでもコンスタントに売れる本を書き続けられるのはすごいことです。やはり「才能」のなせる業でしょうか。

【鳥居さん】

プロ小説家として書き続けるために必要なものは「才能」ばかりではないんですよ。

【K子さん】

何か私たち小説家志望者は知り得ない「コツ」があるのでしょうか。

【鳥居さん】

プロが知っているのは、売れる小説には「型」があるということ、でしょうか。

小説の「型」を知れば、クオリティの高い作品を生み出し続けられます。その「型」を熟知しているのは、やはり商業出版で経験の長い現役の小説家やプロの編集者なんです。

プロの目線を知れば、新人賞受賞・小説家デビューが近づくのは当然のことかもしれませんね。

才能がない、時間もない、そんな私たちに残された希望って…

才能がない、時間もない、そんな私たちに残された希望って…

【K子さん】

プロの編集者がそばにいない私たち小説家志望者はどうすればいいのでしょう。

【鳥居さん】

そんな風に悩んでいる方が多いので、私たちは「榎本メソッド」を立ち上げたんです。プロの小説家や編集者に作品を講評してもらう機会があれば、多くの小説家志望者さんに夢を叶えていただけると思いました。

【K子さん】

社会人だから時間もないけれど、そんな私でも上達できますか?

【鳥居さん】

オンライン講座だから自分のタイミングで受講できますよ。実際に社会人の受講者さんがほとんどです。

【K子さん】

榎本メソッドを受講するとどうなれるんですか?

【鳥居さん】

小説家は、闇雲に努力すれば成功する世界ではありません。でも、自分に足りないものがはっきりすれば、努力の方向性がわかります。小説家へのルートがしっかり見えるようになるので、手探りで進むより成功率は上がるはずです。

3,000円、飲みに使うか、夢に使うか。

000円、飲みに使うか、夢に使うか。

【K子さん】

そんな貴重な機会! 経験してみたいけど、そのぶんたくさんお金がかかりますよね?

【編集部】

価値観は人それぞれですが、手探りで何年も無駄にすることを思えば、その何年もの時間をお金で買えるなら、それに越したことはないのではないでしょうか。

そこで編集部から、悩める小説家志望者のみなさんにご提案いたします!

現役のプロが商業出版のノウハウを詰め込んだ「榎本メソッド」ですが、本当にお金と時間を使う価値があるの? と不安に思う方も多いかもしれません。

せっかく興味を持っていただけたのなら、実際に体感して、納得してから講座を受けて欲しい! だから、今回は特別に3000円のワークショップを用意しました。

(特別なプランのため、申し訳ございませんが、人数は限定させていただいております)

榎本メソッド体験ワークショップ

【K子さん】

3000円なら、飲み会に1回行くくらいの金額です……これは有意義ですね!

時間は自由に決められるのでしょうか?

【鳥居さん】

いろんな方が気軽にご参加いただけるよう、日時は各自で選べるようにしています。

【K子さん】

どんな体験ができますか?

【鳥居さん】

実際にオリジナルワークに取り組んでいただき、講師が講評します。

【K子さん】

そんな機会はめったにないですよね! とても贅沢です。

「型」を知ることで視点が変わる! 夢への一歩を踏み出そう

【K子さん】

創作の世界は才能がすべてだと思っていましたが、小説には「型」があるんですね。それなら書けそうな気がします!

【編集部】

プロの世界をのぞいたら、見えてくる世界がかわるはずです!

興味をもっていただいた方はこちらをご覧ください。

そして!

今ならプロットが書けるようになるテンプレートが無料でもらえますよ! まずはそれだけでもゲットしてみてはいかがでしょうか?