榎本メソッド小説講座

創作・文章力向上の近道は「読んで書く」ってほんと? 創作力を上げる方法とポイント【プロ小説家がオススメする読むべき本も紹介】

小説の創作・文章力を上げる方法として「創作経験を積み重ねる」ことが代表的ですよね。しかし「読んで書くこと」も実は同じくらい大切なのです。

それってコピペ(コピーアンドペースト)? と思うかもしれませんが大間違い!

今回は創作・文章力を上げるために知っておきたい、「読んで書く」方法と役立つ書籍をご紹介します。

まずは本を読もう

プロ小説家になりたい、創作力をつけたいとき「テクニックを身につける」ことを重要視する方が多いのではないでしょうか。テクニックのある小説は、それだけ読みやすく読者の関心を引き、人気も高くなります。

執筆によってテクニックは磨かれ、自然に使いこなせるようになるもの。自分がどこまで使いこなせるかも書くことでわかるのです。しかしテクニックの習得は「創作経験を積む」だけでは、なかなか得られません。習得するには「既存の作品にふれる」ことが、実は重要なのです。

なぜ「既存の作品にふれる」ことで、プロ作家としての「創作力」が身につくのでしょうか。

自分の書きたいジャンルの流行・独特の作法を知る

プロ小説家への第一歩は、自分の書きたいジャンル・エンターテインメントについて知ること。「郷に入ったら郷に従え」ではありませんが独特の作法だけでなく、お約束やパターン、ツボなどは各ジャンルごとに違うのです。

さらに使用される語彙や知識、一文の長さも少しずつ異なります。このような各ジャンルごとの「空気感」は1、2作品読んだだけでは、把握できない可能性があります。

また売れ筋・売れ線を把握するためにも作品にたくさん触れ、親しくなるのが一番です。流行前から読むことで読者の熱が高まっていく過程や「リアルな感触」が掴めます。これは執筆するときに小説を魅力的にしてくれる大事な経験です。

しかし、1年に何十作、何百作と触れている人と数作しか触れていない人とでは「感触」を感じるセンサーに差が現れることも。とくに以下の点は、そのジャンルの本にたくさん触れることで獲得できる「感触」のほんの一部です。

  1. ジャンルの傾向
  2. どんな作品がウケているのか
  3. このジャンルの中で少ないパターンは何か

ジャンルに合った流れがなければ読む相手(審査員や読者)の興味を引けず、面白がってもらえない作品ができてしまいます。「どうしたらいいのか」「どのような効果があるのか」を考えながら読み、流れを掴みましょう。

テクニック、プロの技法を「盗む」

既存の作品は、プロが自分のもつテクニックの全てをつぎ込んで作られたものです。流通に並ぶ作品は、いわばテクニックと技法の参考書といえるでしょう。作品を一読者視点だけでなく「参考書」として読むことで

「こういう時にはこんな風に書く」
「魅力的なキャラクター」
「展開が気になるストーリー」

これらのテクニックや技法が、実践的に学べます。何も教えてもらえない弟子が師匠の技をじっと観察して技術を覚えた徒弟制度時代のように、作品を読むことでテクニックを「盗む」のです。
もちろん、まるっと話の流れやキャラクターを盗むのはNG。表現方法や、おもしろいと思った話の大まかな流れ、展開の描写などを参考とする程度に留めましょう。

創作力UPにオススメ! テクニック・キャラクターの魅せ方の参考に作品リスト

角川スニーカー文庫 『涼宮ハルヒ』シリーズ 谷川流
キャラクターの魅力、レベルの高い一人称、仕掛けの多いストーリー構造など参考にできる部分が多くあります
MF文庫J 『僕は友達が少ない』 平坂読
青春ラブコメの人気作。恋愛関係はもちろん、メインキャラクターたちそれぞれの事情、気持ち、物語の中の変化が丁寧で上手く表現されています
電撃文庫 『ソードアート・オンライン』 川原礫
魅力的なヒロインたちはもちろんのこと、二刀流にして黒衣の剣士、主人公のキリトに カッコいいと痺れた読者が多いのだとか
電撃文庫 『フォーチュンクエスト』深沢美潮
いわゆる異世界ファンタジー作品。しかし青春ものとファンタジーを組み合わせたようなキャラクターたちの精神性は、現在の若者に近い特徴があります。複数ジャンルを組み合わせた際、キャラクター作りの参考になるはずです
有川浩の作品群
超人ではなく普通の、しかし強い意志やモラル、譲れないものを持った人々が頑張るさまを丁寧に描いているところがお手本になります

どんな作品を読むべき?

たくさん本を読んでいる人もそうでない人も、どんな本から手をつければいいか迷ったことはありませんか。

好きな作品・作家以外の小説を読まない場合は、同じ作家による別の作品がオススメです。また雰囲気が近い他作家の作品も、抵抗感なく読めるでしょう。

はじめてそのジャンルに触れる場合やとくにこだわりがなく、どこから手をつければいいのかわからないのなら、以下のポイントを参考にしてください。

ポイントその1:売れ筋、ヒットしている作品は必ずチェック

最初はやはり、質が安定している売れ筋の作品から読むのがオススメです。

書きたいジャンルやエンターテインメントが、自分の興味や趣味ではないこともあります。しかし、売れ筋の作品に触れることは「読み手に買ってもらう」というマーケティング的視点において最も大切な要素です。今の売れ筋から流行りのキャラクターの属性・特徴、テクニックを習得し、執筆に活かしましょう。

数冊読むことで、どのような仕組みや流れの作品を読者が好むのか、定番化しているストーリーパターンの分析も行えます。

ポイントその2:定番作品はテクニック・パターンの宝庫

定番作品の多くには、高確率でテクニックやパターンが実はあるのです。それらの技法はジャンルの下地として、売れ筋の小説にも高確率で引き継がれている可能性があります。パターンやお約束的な展開は執筆するときに、もちろん大切な要素であり、知っておきたい情報です。そのうえで、お決まりのパターンを壊すのかそのまま生かすのかは執筆者であるあなたが決めましょう。

そのためにも、元を知らなければ話になりません。だからこそ定番作品を読むことは、アイデアの一端を吸収し、自分の創作に役立つのです。

創作力UPにオススメ! 定番作品

富士見ファンタジア文庫 『スレイヤーズ』シリーズ 神坂一(かんざかはじめ)
キャッチーなキャラクター、テンポの良い文章、心に残るテーマ性のある作品です。若者向けエンターテインメントとして非常に完成度が高い作品といえます
電撃文庫 『キノの旅』時雨沢恵一
設定・テーマで考えさせる作品の大定番。作品への発想の内容・仕方を参考にしましょう
角川スニーカー文庫 『ロードス島』シリーズ 水野良
日本におけるスケールの大きな異世界ファンタジーものの金字塔。若者の成長、戦争や政治のダイナミックさなどがお手本になります
富士見ファンタジア文庫 『フルメタル・パニック!』 賀東招二
現代・近未来バトルものとして、ハッタリの効いた設定も、コミカル展開とシリアスのバランスもオススメです
『半沢直樹』シリーズ 池井戸潤
経済もの、職業ものとしてリアリティがある一方で、キャラクターが立っていてストーリー展開がドラマチックです

ポイントその3:売上ランキングやネットの情報から

定番、ヒットした小説はあらかた読んだ、という人は別の指標から探してみましょう。

各種通販サイトや近くの書店の売上げランキングも、「今」の読者が求める作品を知れる指標の一つです。通販サイト、レビュー専門サイト、SNSで多くのレビューや感想が書かれている作品も注目作なので読んでおくといいでしょう。これらは毎週、毎月、毎年更新されるので、最新の情報を追えるメリットもあります。

ポイントその4:あえてマニアック・古い作品に触れる

似たような作品や書きたいジャンルはあらかた制覇したが、売れ筋だけでは物足りないという人もいらっしゃるでしょう。

売れ筋以外の作品から文章力UPのきっかけを掴みたいのなら、少しマニアックな分野や数十年前に出た作品をオススメします。

同じジャンルでプロ小説家を目指す人々があまり触れない作品のため、定番やヒット作以上に創作力の向上が期待できます。他ジャンルの作品から斬新さを見出しましょう。他者が触れない作品から発想を得ることが「オリジナリティ」のもとになるのです。

読んで書くことが大切なのはなぜ?

創作力・文章力向上方法「読んで書く」|榎本メソッド小説講座オンライン

読むだけでも十分にテクニックや売れる要素を掴むことはできます。アイデアだけならそれでも十分かもしれません。しかし、文章・創作力のさらなる向上を目指すなら「読んで書く」ことが大切です。
「読んで書く」には2つの方法があります。

  • 「文章をそのまま書き写す」
  •  テクニックや技法を手と目、頭を使って体に取り入れる方法

  • 「既存作品の続きを考え、執筆する」
  •  既存作品の続きを考えることで、創作力を上げる方法

テクニックやパターンを習得する文章力UPの方法についてみていきましょう。

文章力の向上には「音読しながら手を使って模写」が一番

文章力を向上させたいのなら、ただ「既存作品を読む」からもう一歩進めて、模写をしてみましょう。

テクニックや話の流れは、読むだけではなかなか習得できません。実際に書き写すことで「テクニックや話の流れ」が身につくのです。

文章力の向上効果が得られる一番の方法は、文庫本まるまる一冊を手書きで書き写すこと。
これは時間と精神力の両方が必要なハードルの高い行為です。途中で投げ出してしまっては元も子もないので、自分のできる範囲にアレンジしましょう。例えば、紙とペンではなくパソコンを使い、一冊ではなく短編、あるいは長編のうち一章だけ書き写すだけでもかまいません。それだけでも十分な効果が得られるはずです。

また、もっと文章力を上げたい! という方にオススメなのが「音読しながら書き写す」ことです。自分で書いた作品も黙読よりも声に出して確認することで、文章の変なところや重要なポイントが把握しやすくなりませんか。それと同じように、声に出して書くことで、手と目だけでなく耳からも情報が得られ、知識になりやすいのです。

誰かに聞かれると大変恥ずかしいため、時間と環境のハードルは高いものの挑戦するだけの価値はあります。

文章力UPにオススメ! 音読しながら模写したい作品リスト

芥川龍之介の諸作品 オススメ1「トロッコ」、2「羅生門」
文章・描写面での良さはもちろん、短編が多いため作業のハードルが比較的低くなります

創作力の向上は「既存作品を応用してみる」がオススメ

作品を途中まで読んで「自分ならここからどんなオチにするのか」「この設定からどんな話を作るか」と考えるのも創作力向上に繋がります。既存作品のオチを自分で書いてみるのです。

予想はなかなか当たらないことも多く、アレンジをしても元の作品以上のクオリティにはなりません。しかし、挑戦することで創作のために必要な経験は着実に蓄積されます。

創作力UPにオススメ! 読みながら展開を考えたい作品リスト

「ショートショートの神様」星新一の作品群
650〜15,000字で収まる作品がほとんど。長すぎると展開を予想しづらいため、このぐらいの文字数が好ましいでしょう。そのうえで星新一の作品は意外性のある展開が多くあります
芥川龍之介・坂口安吾・中島敦らの作品群
明治から昭和にかけての文豪の作品は「読むながら考える」のに向いています。ここで挙げた作家は短編だったり想像の余地が多いため特にオススメです
新見南吉・小川未明らの作品群・アンデルセン・グリム兄弟らの作品群
童話や児童文学、子ども向けであっても単純とは限らない。むしろイメージを広げる隙間やメッセージ性が強く「読みながら考える」のに最適といえます
北欧神話やギリシャ神話、日本神話など
神話こそ想像の余地が大きく、いくらでも「こういう展開はありなのでは」と考えることが可能です

「読んで書く」の注意点

メリットしかない「読んで書く」ですが、注意点もあります。

創作・文章力を上げるには「楽しむ」ことから始めよう

執筆する前に、まず自分の書きたいジャンルの本を読んで「ファン」になることが大切です。作品を読むときは存分に楽しみましょう。

自分の書きたいジャンルで売れていたり、人気があったりする作品を読むのは辛いかもしれません。とくに書きたいジャンルと好きなジャンルが違う場合は、そういった思いが出てくるのは自然です。

しかし「好き」という想いは何をするにも大切な原動力です。いやいや読むと吸収できるものも吸収できませんよ。

読みすぎて書く時間をなくすのはNG!

生活の時間を全て「読む」につぎ込まないように、時間配分には十分注意しましょう。「読んでばっかで執筆に時間が割けない」のでは本末転倒です。

また、あまりにも多くの作品に触れすぎたせいで

「どういう作品が良いものなのかわからなくなってしまった」
「そもそも自分がどんな作品を作りたいのか見失ってしまった」

というケースもあります。

もともとそのジャンルが大好きで浴びるほど触れてきた人以外は「数をこなすほどよい」わけではありません。自分が混乱しない程度の本数に留める、読む時間は通勤・通学時間だけにするなど、読む基準をしっかりと設けたうえで「読んで書く」を実践しましょう。

アニメ化作品には要注意

「初めて触れるジャンルだが書いてみたい」と考えたとき、参考にしやすいのが「アニメ・ドラマ」化などのメディア化作品です。一見、参考作品としてもっとも効果的な方法だと思うかもしれませんが、要注意!

アニメ化は実際ヒット作の証です。ただ、原作がヒットする時期とアニメ化される時期は必ず一致するとは限りません

また、アニメ化されその放映が終了した結果、「作品の旬はもう終わった」というムードが漂うことも多いのです。
そういったムードでは、アニメ化作品がもつ要素は「かつてウケていた要素」です。「今ウケている、今ウケようとしている要素」とかなりずれてしまう可能性が出てきてしまいます。

どうしてもメディア化作品を参考にしたいのなら、この2つの観点で選びましょう。

  1. 小説やゲームなら漫画化
  2. 漫画なら小説化した作品

アニメ化よりも企画として規模が小さく、メディア化とヒットする時期に差があまり生じないからです。

プロ小説家への道は、書いて書くだけでなく「読んで書く」も大事

積み重ねられた本|文章力・創作力向上は「読んで書く」|榎本メソッド小説講座オンサイン

小説が売れるのは、「おもしろい」だけが理由ではありません。キャラクター設定、テクニック、シチュエーション……等々、色々な要素が重なり合うからこそ読者は魅了されるのです。

「読む」ことは「書く」ことへシンプルにつながります。たくさんの文章に触れるだけでも、文章力・創作力を高める効果はあります。しかし、身につけた知識が偏っていたり間違っていたりすることも。小説に書かれていることがすべて正しいとは限りません。

大切なのは「小説にはこう書いてあるけど本当だろうか」と疑問をもつほど、しっかり読むことです。その姿勢は理論立てて学び、間違いをきちんと直す、という執筆スタイルの確立にもなります。自己流で培ったテクニックやコツが間違っていないか確認する行為につながるでしょう。そのような行為が積み重なることで、読者の胸に残る作品が作れるようになるはずです。

そのような理論を身につけるためにも、「読んで書く」など実践の経験を積む必要があります。普段からたくさんの小説を読み、多用な文章と物語に触れて自分の血肉にしましょう。

しかし、「読んで書く」を実践しても効果が実感できない、抵抗がある、時間がないときは「榎本メソッド小説講座−Online−」を受講してみるのはいかがでしょうか。現役小説家、編集者をはじめとした小説に関わる講師陣があなたの小説執筆の手助けを行います。


榎本メソッド小説講座 -Online- のご案内

お読みいただいているページは、現場で活躍する小説家・編集者・専門学校講師が講師を務める、小説家デビューを目的としたオンライン講座「榎本メソッド小説講座 -Online-」の公開講座です。小説家デビューに向けてより深く体系的に学習したい、現役プロの講評を受けてみたいといった方は、是非本編の受講をご検討ください。


監修|榎本 秋

1977年東京生。2000年より、IT・歴史系ライターの仕事を始め、専門学校講師・書店でのWEBサイト企画や販売促進に関わったあと、ライトノベル再発見ブームにライター、著者として関わる。2007年に榎本事務所の設立に関与し、以降はプロデューサー、スーパーバイザーとして関わる。専門学校などでの講義経験を元に制作した小説創作指南本は日本一の刊行数を誇っており、自身も本名名義で時代小説を執筆している。

同じカテゴリでよく読まれている公開講座