榎本メソッド小説講座

プロ小説家への一歩は「文法」から! 文章力が向上する書き方【基本・初級編】

普段からなんとなく使っている日本語ですが、「文法」のこととなると苦手意識のある方も多いのではないでしょうか。物語を正しく読者に伝えるには、わかりやすく書くための文章力が必要です。
今回は小説を書くときに理解しておきたい文法の基礎・主語から助詞までを解説します。

主語とは「その文章の主体」

文法 文章力向上 基本 初級

主語とは「〇〇は」「〇〇が」という、後に続く文章が表す動作や状態の主体となっているものです。

  • 私は食べた」なら、「私は」が主語
  • リンゴが赤い」なら、「リンゴが」が主語

文章に主語があると、その動作を「誰が」したのか、「何が」その状態にあるのかという情報が伝わりやすくなります。

主語を使うときのポイントは、「〜は」「〜が」「〜も」がついている言葉に注目し、その後にくる動作や状態を表す言葉と合わせたときに意味がつながるかを確認することです。

名詞は「人やモノ、場所を表す」

主語と名詞の区別がつかない、という方もいるかもしれません。文章の中で主体となるものが「主語」なら、名詞は「ものごとの名前を表す」ものです。

  • 私はリンゴを食べた」

上の文なら主語は「私は」、名詞が「」「リンゴ」になります。

名詞はさらに細かく分類できます。代表的なものが普通名詞、固有名詞、代名詞です。

普通名詞とは

普通名詞というのは一般的に呼ばれる、ものの名前。「リンゴ」や「海」「少年」などが普通名詞です。

  • 「赤いリンゴ、新鮮なリンゴ、古いリンゴ」
  • 「冷たい海、澄んだ海、荒れた海」
  • 「美しい少年、にぎやかな少年」

どんな状態であっても、リンゴはリンゴですし、海や少年であること自体は変わりません。このようにどんな文が前につこうと変わらない、一般的な名前のことを「普通名詞」といいます。

固有名詞とは

固有名詞とは、「特定のものに与えられた名前」です。人の名前や地名など、そのものだけが持っている名称を指しています。

たとえば「少年」は普通名詞ですが、その少年に太郎という名前があれば、「太郎」は固有名詞です。

「少年」は太郎以外のことも指しますが「太郎」という名は太郎個人を意味します。同じ対象を表していても、表現次第で普通名詞にも固有名詞にも変化するのです。

代名詞 とは

代名詞とは、普通名詞や固有名詞を使わず、対象を指し示す時に使う言葉です。

「彼」「彼女」などもそうですし、「これ」「あれ」「それ」なども代名詞にあたります。

長年連れ添った夫婦がいたとしましょう。その夫が「あれ取って」といったら妻がリモコンをわたす、というようなシーンを見かけることはないでしょうか。

この場合では「リモコン」という名詞を使わないで「あれ」という代名詞を使ったことになります。

「少年」が普通名詞、それに特定する名前「太郎」になると固有名詞、それを「彼」とよんだら、代名詞になります。

述語は「動作や状態を表す」

文法 文章力向上 基本 初級

述語とは、主語にあたるものの「動作、作用、性質、状態」などを表す語です。

食べた」「言った」などが述語にあたります。

「私は食べた」では「食べた」「彼は言った」では「言った」が述語です。

気をつけたい部分は、述語と主語はセットになっているものだということ。どの主語がどの述語とセットになっているか、常に気を配って書くようにしましょう。

例文
10年ぶりに私はこの農園にやってきた。
まだ熟していないリンゴをかじると、渋味が口いっぱいに広がる。
その苦みすらも愛おしい。

一文目の「私は」が主語で、「やってきた」が述語です。二文目の「渋みが」という主語と「広がる」という述語もセットになっています。

三文目の「苦みすらも」は一見主語には見えませんが、これも実は主語にあたり「愛おしい」という述語とセットです。

このように「~が」「~は」という形でなくとも主語になることがあります。これを見抜くためには「~が」「~は」に置き換えてみるといいでしょう。

例文
10年ぶりに私はこの農園にやってきた
まだ熟していないリンゴをかじると、渋味が口いっぱいに広がる
その苦みが愛おしい

「苦みさえも」を置き換えて「苦みが愛おしい」とすると「苦みさえも」が主語であることがわかりやすくなりました。

修飾語とは「くわしくする言葉」

修飾語とは、「どんな」「いつ」「どこで」など、ほかの部分の内容をくわしく説明する部分のことです。文のなかで、主語でも述語でもない部分が修飾語となります。

そして「修飾語によって説明される部分」が被修飾語というわけです。

修飾語を使うことで細かなニュアンスが表現できるので、小説に書かれたシーンを具体的にイメージしやすくなります。

「リンゴを食べた」という文を例としてみていきましょう。

  • どんなリンゴを食べた?
    「赤い・リンゴを」「大きな・リンゴを」

「赤い」「大きな」という部分が「リンゴを」をくわしく説明しています。よって、修飾語は「赤い」「大きな」です。被修飾語は「リンゴを」となります。

  • いつ食べた?
    「今朝・食べた」「昨日・食べた」

「今朝」「昨日」が「食べた」を説明しています。そのため「今朝」「昨日」が修飾語で「食べた」が被修飾語です。

  • どこで食べた?
    「自宅で・食べた」「公園で・食べた」

「自宅で」「公園で」が修飾語、「食べた」は被修飾語です。

接続詞は「文章の接着剤」

接続詞とは、前後の文章や単語をつなげる働きをするものです。文章をスムーズにするために、重要な役割をもっています。

「だから」「そして」「なお」「さらに」

上記が接続詞の一部として、よく使われるものです。では接続詞を使わないとどのような文章になるのか、例文をみてみましょう。

例文
梯子にのぼってリンゴの収穫に集中していた。日が落ちてあたりが暗くなってきた。そろそろ終わりにしようと仲間が呼ぶ。木にはリンゴが半端に残っていた。今日中にすべて収穫してしまいたい。

まるで箇条書きのような途切れ途切れの文章になりました。接続詞がないと前後の文がうまくつながらないので、文章の流れが悪くなってしまいます。

では、接続詞を入れてみるとどう変化するのでしょうか。

例文
梯子にのぼってリンゴの収穫に集中していた。すると日が落ちてあたりが暗くなってきた。そろそろ終わりにしようと仲間が呼ぶ。しかし木にはリンゴが半端に残っていた。今日中にすべて収穫してしまいたい。

ここで追加した接続詞は、「すると」と「しかし」の2つです。これだけでも、それぞれの文章につながりができ、流れが良くなりました。

接続詞は文章を読みやすくするために大切な要素です。自分が書いた文章を読んで、ブツブツと途切れている印象を感じたら、接続詞がうまく使われているかを確認しましょう。

接続詞の種類

ひとくちに接続詞といっても色々な種類があります。それぞれの特徴はどのようなものでしょうか。

順接の接続詞

「だから」や「そのため」は順接の接続詞です。前文で書いたことをふまえ、その結果としてなんらかの事態が起きる、という場合に使われます。
昨日リンゴの収穫に思いのほか時間がかかった。だから今日は早めに収穫を始めることにした。

逆説の接続詞

一方、前文で書いたことが、想定外の結果につながった場合に使われるのが「逆説の接続詞」です。「しかし」や「ところが」などがこれにあたります。
去年はリンゴが不作だった。しかし今年は質のいいリンゴがたくさん獲れた。

並列の接続詞

並列の接続詞は、前文で書いたことと、後に続くことを並べたいときに使われます。「また」や「かつ」などがこれにあたります。
おいしいリンゴを育てるには肥沃な土壌が必要だ。また日当たりの良さも欠かせない。

添加の接続詞

前文で書いたことに対して、説明を付け加えるために後の文を続けたいときに使うのが「添加の接続詞」。「しかも」や「そして」などです。
うちの近所にあるコンビニは品ぞろえがいい。しかも店員が親切だ。

補足の接続詞

前文の補足として使われるのは、「なお」や「ただし」などの補足の接続詞です。
明日はお弁当を忘れずに持ってくること。なお箸やコップも各自で用意するように。

対比の接続詞

前文で書いたことと後に続く文を、どちらか選ぶように促したり比較したりするときに使うのが「対比の接続詞」です。「または」や「あるいは」、比較の意味が強い場合は「一方」などがあります。
リンゴ狩り会場へはバス、または自家用車で向かおうと思っています。

転換の接続詞

前文からガラリと話題が変わるような場合に用いられるのが「さて」「ところで」などの転換の接続詞です。
翌日までかかるかと思われたリンゴの収穫は、夕方で終えることができた。さて、今夜はゆっくりお酒でも飲もうかな。

接続詞は上記以外にもさまざまな種類があります。どの接続詞にどのような意味があるのかを覚えておくと、正確で伝わりやすい文章を書けるようになります。

助詞とは「てにをは」のこと

文法 文章力向上 基本 初級

よく「てにをは」がおかしいといいますが、これは助詞のことを指しているのです。数ある助詞のなかから簡単に「て」「に」「を」「は」だけをピックアップして、助詞全般を総称しています。

助詞とは、言葉に意味を持たせるために使う語です。助詞には「~が」や「~を」のように、名詞の後につけて主語にするものや、語と語をつなげる「~と」のような性質のものもあります。

これまでに出てきた「名詞」や「接続詞」は単独でも意味のある言葉でしたが、この「助詞」は単独では意味を持ちません。助詞はほかの「意味を持つ言葉」に付属して、語句と語句の関係を表したり意味を持たせたりします。

  • おいしいリンゴを食べた。

「おいしい」「リンゴ」「食べた」は単独でも意味を表しています。すなわちこの文では、「を」だけが助詞というわけです。

助詞の仲間・助動詞には活用がある

助詞と同じく、単独では意味を持たない語の仲間に「助動詞」があります。その大きな特徴は「活用がある」ということ。

活用がある助動詞は 文中での用法によって形が変化します。

「食べない(未然形)」「食べます(連用形)」「食べる(終止形)」「食べるとき(連体系)」「食べれば(仮定形)」「食べよ(命令系)」

このように助動詞の活用は、未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形・命令形の6種類に分かれます。

助詞の種類

助詞にはいろいろな種類があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

格助詞

(が、の、を、に、へ、と、より、から、で、や)など
格助詞は、主語になる言葉にくっついて、他の語句との関係性を表す役割をもちます。
  • リンゴの花咲く
  • 見える町

接続助詞

(と、ので、し、ても、のに、から、が、て)など
接続助詞は活用のある語句(助動詞など)にくっついて、文節をつなぐものです。
  • お腹がすいたので、リンゴを食べたい
  • お腹がすいたのに、リンゴを食べられない

副助詞

(は、も、こそ、まで、ばかり、でも、など、さえ、やら、だけ、ほど)など
副助詞は、さまざまな語句にくっついて、別の意味を添える働きをします。
  • リンゴ好きだ(リンゴは好きだけど、バナナは嫌いかもしれない)
  • リンゴ好きだ(リンゴも好きだし、バナナも好きなのかもしれない)

終助詞

(か、の、な、ぞ、とも、よ、わ、ね、や)など
終助詞は、文の最後に用いて色々な意味を添えます。
  • このリンゴはおいしい(疑問)
  • このリンゴはおいしい(感動)

格助詞や副助詞の場合は、直前に名詞や代名詞などをあてはめてみると区別がつきやすいです。

  • 鳴く(格助詞)
  • 鳴く(副助詞)

接続助詞や終助詞の場合は活用のある動詞や形容詞などをあてはめてみましょう。

  • 猫が鳴いたので餌をあげた(接続助詞)
  • 猫が鳴いた(終助詞)

小説といつもの会話は別物、伝わる文章を意識しよう

日常会話のなかでは、主語が無くても、ある程度話の意味が伝わるケースは多いもの。しかしそのまま文章にするとたちまち、誰が何をしているのか読み取りづらくなってしまいます。そうならないためにも文法の基礎を押さえて、正しく使えるようにしましょう。

【関連記事】
小説文章の書き方と原稿執筆の基本ルール|文章力向上のコツも紹介!
長編にも使える! 小説の推敲・校正のポイントとコツ|文章力向上テクニックをプロ小説家が紹介します


榎本メソッド小説講座 -Online- のご案内

お読みいただいているページは、現場で活躍する小説家・編集者・専門学校講師が講師を務める、小説家デビューを目的としたオンライン講座「榎本メソッド小説講座 -Online-」の公開講座です。小説家デビューに向けてより深く体系的に学習したい、現役プロの講評を受けてみたいといった方は、是非本編の受講をご検討ください。


監修|榎本 秋

1977年東京生。2000年より、IT・歴史系ライターの仕事を始め、専門学校講師・書店でのWEBサイト企画や販売促進に関わったあと、ライトノベル再発見ブームにライター、著者として関わる。2007年に榎本事務所の設立に関与し、以降はプロデューサー、スーパーバイザーとして関わる。専門学校などでの講義経験を元に制作した小説創作指南本は日本一の刊行数を誇っており、自身も本名名義で時代小説を執筆している。

同じカテゴリでよく読まれている公開講座